<遅延型フードアレルギー>


フードアレルギーには、じんましんやかゆみとなって現れるタイプとは別に、食べた後6時間から24時間後に、体がじっくり炎症を起こすタイプのものがあります。これを遅延型フードアレルギーといいます。

すぐに症状が出ないので、じわじわと身体じゅうで炎症が進行します。さらに、気付かずにその食べ物を食べ続けることによって慢性的な炎症となり、様々な症状となって現れます。また、ダメージを受け続けることで細胞の老化にもつながります。

この遅延型フードアレルギーを引き起こす抗体(IgG抗体)は、同じ食べ物を頻繁に摂取することで作られます。好きなものや健康の為に毎日食べているものでアレルギーが出る方が多いのも特徴です。
しかし、遅延型の抗体は6ヶ月で作り直されます。一時的な食事制限をすることで抗体が減り、再び食べることが出来るようになります。






■遅延型アレルギーで起こりうる症状


消化器官 過敏性腸症候群, ガスがたまる, 便秘, 下痢, 吐き気 など
神経 不安神経症, 情動不安定, 憂鬱, 集中力不足 など
筋骨格系 関節炎, 関節痛, 筋肉痛, だるさ など
泌尿生殖器系 夜尿症, 頻尿, ほてり, 尿意切迫, 膣のかゆみ, おりもの, 月経前症候群(生理痛) など
呼吸器系 ぜん息, 鼻水, 鼻づまり, 慢性副鼻腔炎, 慢性咳, 咽頭炎 など
循環器系 不整脈, 胸痛, 高血圧, 頻脈 など
外皮系 にきび, アトピー性皮膚炎, ふけ, 湿疹, 目の下のくま, 多汗 など
その他 慢性疲労, 偏頭痛, むくみ, 口内炎, ドライアイ, 涙目 など


▼Youtubeで"遅延型フードアレルギー"についての詳しい説明をご覧いただけます。

遅延型フードアレルギー検査   基礎編
遅延型フードアレルギー検査   応用編




■検査項目(96項目)


乳製品 カゼイン, チェダーチーズ, カッテージチーズ, 牛乳, ホエイ(乳清), ヨーグルト
フルーツ リンゴ, アボカド, バナナ, マスクメロン, チェリー, ココナッツ, ブドウ, グレープフルーツ, キウイ, レモン, マンゴー, オレンジ, パパイヤ, ピーチ, パイナップル, いちご, すいか
魚介類 貝類全般, タラ, カニ, カレイ, ロブスター, カキ, キンメダイ, サケ, エビ, ヒラメ, マグロ
スパイス カレー粉, しょうが, マスタード, 黒コショウ, 赤唐辛子, バニラビーンズ
肉類 牛肉, 鶏肉, 卵白, 卵黄, ラム, 豚肉
穀類・ナッツ類 アーモンド, いんげん豆, あずき, 大豆, さやえんどう, そば, カシューナッツ, とうもろこし, グルテン小麦, 緑豆, オート麦, ピーナッツ, ピスタチオ, 玄米, 白米, ライ麦, ゴマ, クルミ, 全粒粉
野菜類 アスパラガス, たけのこ, もやし, にがうり, ブロッコリー, キャベツ, にんじん, カリフラワー, セロリ, きゅうり, なす, ニンニク, 海藻, ねぎ, レタス, きのこ類, オリーブ(黒), 玉ねぎ, ピーマン, さつまいも, じゃがいも, かぼちゃ, ほうれん草, トマト
その他 ココア豆, コーヒー豆, はちみつ, さとうきび, 緑茶, パン酵母, ビール酵母