トータルアンチエイジングで人生をもっとハッピーに 1990年に米国シカゴでアンチエイジング医学が幕をあけました。老化を自然保護ではなく、病気の一つと考えて積極的に対応しようとする医学です。その後、世界中にこのアンチエイジング医学は普及し、米国、欧州、アジア、中東なども急速に広がっています。活性酸素、ホルモン低下、ストレス、遺伝子など個人の老化の原因を医学的に解明し、積極的に病的な老化を防ぎます。「アンチエイジングは病気の治療ではなく、最高の健康状態を保つ知恵です。」